鰻を買いに行く 高砂の老舗持ち帰り専門店

シェアする

土用丑の日に食べ損ねた鰻を買いに行く

 akiramaの日々のいろいろ Daily Happening

うな丼 自宅手作りですが、おいしいです

うな丼 自宅手作りですが、おいしいです

akiramaの日々のいろいろ Daily Happening 今日は、「鰻を買いに行く」

鰻のそのおいしさは、幸せを感じる。まだ酷暑になる前の土用の丑の日にスーパーのチラシに、やたら目に付くように鰻の広告。何日も前から焼いた鰻がとんでもないお値段で……、萎え、コロナ禍でお家巣籠で機会を失っていました。

高砂市の持ち帰り専門の鰻屋さん。涼風が吹いて、秋晴れの日に、かば焼きの鰻を買いに行き、晩ご飯はうな丼を作りたらふく食べました。スーパーで買うのとは違う趣です。

東京は勿論ながら大阪も古くからの鰻屋さんが、特に中央区や西区に多くあって、おいしいうな重を食べさせてくれる。しかし、大阪まで食べに行くのも億劫だし、持ち帰りで家で食べる方が今年は良いのだろう考え、さてどこへ買いに行くかであった。

高砂市に持ち帰り専門の鰻屋さんがあります。明石も高砂も焼きあなごが有名で、焼きあなごのお店の方がメジャーになるものの、店頭で鰻を焼いて売るお店もあるんですね。遠くへ行く必要もなく、近隣の高砂市に買いに行こう。

古くからの鰻蒲焼の看板がある鰻屋さん

古くからの鰻蒲焼の看板がある鰻屋さん

荒井港のすぐ近所にあり、秋晴れの天気に出かけた

荒井港のすぐ近所にあり、秋晴れの天気に出かけた

高砂市の法華山谷川沿いに荒井港がありますが、そのすぐそばにお店はあります。商店街でもなく町並みの中にポツンと、おいしい香りを出しながら鰻を焼く持ち帰り専門店です。

あの鰻の焼くにおいは、たまらなく食欲をそそります。

浜名湖うなぎののぼり旗が立つお店に入ると、焼き立てと粗熱が冷めた鰻が並べられています。まだ10時過ぎですが、すでにいくつかが購入されたようで、かば焼きの後だけが残っています。焼き立てを持ち帰りお昼ご飯でしょうか、おいしい鰻は、皆さん大好きですね。

鰻のかば焼き このおいしそうな色つや

鰻のかば焼き このおいしそうな色つや

かば焼きは、すでに随分売れている

かば焼きは、すでに随分売れている

2尾頂き、量り売りのお勘定を払い大事に抱えて帰ります。食材は、スーパーで買うのが通常の生活ですが、昔ながらのお店での買い物は、久しぶりです。

鰻は、30センチ以上の大振りです。晩ご飯が楽しみになりながら、鰻屋さんによくあるキャベツとキュウリの浅漬けを作ります。奈良漬けや浅漬けは、脂っこいかば焼きには相性がいいんです。

持ち帰った大きなかば焼き

持ち帰った大きなかば焼き

うな丼で晩ご飯、浅漬けも相性が良い

うな丼で晩ご飯、浅漬けも相性が良い

炊き立てごはんに温めなおした鰻をのせて、そのうな丼はおいしかったですね。ご飯がおいしく、ご飯だけ入れ直し、お腹いっぱいに食べました。満足。ずいぶん遅れた土用の丑の日の鰻でした。

老舗の鰻屋さんはもちろんですが、市販で、その場で焼いていて、リーズナブルな価格のお店は意外とないものです。そう思うと、今回の鰻も焼きあなごのお店も、貴重な存在で、そんなお店が残る播磨地方です。