フリー画像 Pixabay サイト作成の味方

シェアする

Pixabay  は、多くの方がご存知の素晴らしい写真のサイトです。
このサイトに掲載されている、画像は、商用非商用を問わずして利用可能というのですから脱帽です。

byPixabay

パーツや機能を表現するだけの写真などは自前でどんどん撮影ができますが、景色や料理などキレイを表現するとなると、難易度は高くなります。機材や照明に、そもそもPixabayに採用される方々と技術力が比較になりません。Pixabay のサイトで画像を探していると、ついつい見入ってしまい時間を費やしてしまうほどに、素晴らしい写真が掲載されています。

Pixabay のページの「よくある質問」 https://pixabay.com/ja/service/faq/ に次のように記載されています。(引用)

Pixabay とは?
Pixabay は著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。

クリエイティブコモンズCC0とは、CC0によって、作者・所有者が、著作権による利益を放棄することで、他の人たちは、著作権による制限を受けず、自由に作品を利用することができます。

byPixabay

という説明に感謝をしてダウンロードをしています。

  • 素敵な画像を選択
  • 「無料ダウンロード」の下に CC0 Creative Commons商用利用無料と表示があれば使用できます。
  • 「無料ダウンロード」をクリック。
  • 1920×1280sizeが選択されていますが、1280×853でも十分な大きさです。
  • 「ダウンロード」をクリック。
  • 「私はロボットでありません」にチェックを入れて、「ダウンロード」クリック。
  • ファイルを保存先に保存すれば完了です。

必要なものを検索している時に、ピンとくるようなものがあれば、使える機会のために、一緒にダウンロードしておきます。これこそ、それぞれの個性ですから何でもOKと言うわけにはいかないですが、必ず欲しいものが見つかります。これだけの画像をフリーで使えることに感謝しています。

byPixabay

今度は、私も使わせて頂いているだけではなく、使ってもらえる立場になりたいです。海に出れば、美しい景色や様々なものが目に入ります。ボートの関連、海の関連でのハードウェアの機能美も大きな対象物です。

しかし、それをファインダーの中でどのように表現したら良いのかの、技術力を習得しないと採用してもらえないでしょう。

もっと、きれいに撮るためには、手抜きをしないで構図を決めて、光の具合などを考えて、さらにはオートマチックでシャッター押すのではなく、きちんとシャッター速度と絞りなどを設定しなくてはいけないでしょう。コンパクトカメラも一眼レフも、オートマチックでシャッター押していたら、だめですね。ここから既にズボラです。

この記事を書いたのを機会に少しは意識をするようにして、せめて「三脚」を多用するよう心掛けします。これだけでも、随分変化が出るでしょう。

SKILL SENSE STYLE という「3S」がありますが、技術力、感覚、流儀と、こんな直訳なのでしょうが、それぞれに高いレベルが無いと芸術性高いものは、そうたやすいことではないでしょう。

だから、きれいな写真を撮られるのでしょう。

私も挑戦したいです。

byPixabay

CC0 の、作者・所有者が、著作権による利益を放棄し掲載をするというのは、いずれにしても、崇高な考え方で、様々に使用されるということは、それだけ評価が高いということにつながりますので、私ならば、とても光栄なことと考えます。撮ってみたいな、できないかな。