姫路御着の南山 高圧線鉄塔が縦横にある低山を歩く

シェアする

姫路城や小豆島を遠くに見える景観の半日ハイク

 akiramaハイキング 春の低山を歩く

姫路市東部のJR御着駅近くの低山「南山」を歩きます。山上には、御着南山公園という表記もあります。整備された高圧線鉄塔が多くあり、その店頭周辺から姫路城や高圧線の作る雄大な景観は、なかなかのものです。軽く半日ハイクで楽しむにはお手頃です。

姫路市が遊歩道を作り、御着南山公園と称したが、どうもその後の手入れが行き届かなく、荒れていたり、せっかくの休憩所の展望が草木で台無しになっているのが、少々お粗末。

しかし、ここは、姫路火力発電所からの高圧線が多く通り、関電さんの巡視路も多くあるので、そのおかげでなんとか遊歩道も体裁を成しているよう。ですから、公園の景観ではなく、整備されている鉄塔からの景観は、なかなか絶景です。

 目次

○ 南山はどんなところ

○ 歩いてみましょう

○ アクセス

○ あとがき

南山 姫路南部地形図 国土地理院参照

 南山はどんなところ

JR神戸線御着駅から10分ほどのところに登り口があり、高圧線鉄塔巡視路を利用すると多方面に抜け出れるものの、基本的に行って来いになります。姫路工業団地南側にある166mほどの低山です。
歴史では、この山は火の山と言われ、神功皇后が麻生山で天神地祗を祀い、この山に神火を掲げたことから「火山」や「神楽山」と言われている。途中の看板にそのように詳細が書かれていました。
所々で見える姫路城方向の景観は、素晴らしく、高いところから見る姫路城の遠景という感じです。

 歩いてみましょう

南山登り口 姫路工業団地の南奥にあり

南山登り口 姫路工業団地の南奥にあり

御着南山公園説明看板

御着南山公園説明看板

遊歩道となっているので、ひたすら階段を登る

遊歩道となっているので、ひたすら階段を登る

中腹迄登るとと気持ちの良い雰囲気になった

中腹迄登るとと気持ちの良い雰囲気になった

南山の景観 遠くに白鷺城と言われる姫路城を眺める

南山の景観 遠くに白鷺城と言われる姫路城を眺める

雨の流れで土がえぐられている箇所も少なくなく、結構無駄に疲れる

雨の流れで土がえぐられている箇所も少なくなく、結構無駄に疲れる

南山 ひとつ目の休憩所、ここまで約30分

南山 ひとつ目の休憩所、ここまで約30分

ここも休憩所だったようでベンチや柵があるが何も見えない

ここも休憩所だったようでベンチや柵があるが何も見えない

牛岩 景観は素晴らしく、姫路城を見る

牛岩 景観は素晴らしく、姫路城を見る

南山の山頂が見える 166m

南山の山頂が見える 166m

南山 二つ目の休憩所、ここまで約1時間。うっそうとした草の中の休憩所

南山 二つ目の休憩所、ここまで約1時間。うっそうとした草の中の休憩所

何も見えない休憩所。この先の高圧線鉄塔の景観で大満足をして、往路を戻る

何も見えない休憩所。この先の高圧線鉄塔の景観で大満足をして、往路を戻る

案内図は何もわからない。う回路があって、登りの途中に出るが、それも見えない

案内図は何もわからない。う回路があって、登りの途中に出るが、それも見えない

南山から真正面の火力発電所まで一直線の高圧線 ダイナミックな景観 これは雄大

南山から真正面の火力発電所まで一直線の高圧線 ダイナミックな景観 これは雄大

最後に見た、この高圧線鉄塔からの眺め良かったです。滑車をつけて下まで滑っていきたいような衝動に駆られる眺めでした。

 アクセス

 JR神戸線 御着駅下車
ハイキングコース入口まで 750m 10分

 車は、国道2号線経由で、御着駅へ
駐車場:JR御着駅周辺に有料駐車場有

地図は、2万5千分の1地形図「姫路南部」参照

 あとがき

せっかく、御着南山公園遊歩道としているならば、途中の休憩所の周辺の草木の整備をされると、田園風景が眼下に広がり、姫路城から遠く家島諸島や小豆島も見える景観は、雄大なものでしょう。

ここを歩くときは、高圧線鉄塔に寄り道してください。鉄塔周辺は、草木もなく広大な眺めが広がります。関電さんのお手入れで遊歩道も何とかという感じでしたが、眺めは良いので、ぜひ、歩いてみましょう。

 ハイキングのページへ