桜2020 日笠山に広がる見事な桜

シェアする

山を桜色にする満開の日

 akiramaの日々のいろいろ Daily Happening

akiramaの日々のいろいろ Daily Happening。「桜 2020 日笠山の桜」

昨年は、近隣の桜を「my桜」応援団をして、3月中旬から満開までを日々追いかけました。満開にいつなるのかと追いかけ、見事に咲き誇ると我がことのようにうれしかったです。

今年は、高砂市と姫路市の境界にある低山「日笠山の桜」を追いかけました。満開になると山の中腹から山頂にかけて桜色に染まる見事さです。

桜の季節になると、いつ開花するか、満開になるか気になるものですし、とても楽しみです。梅は咲いたか桜はまだかいなと、歌にあるように、桜の開花はこの国の年中行事のひとつです。地元 明石二見の1本の桜を毎日見守りながら、満開まで時系列で更新していきます。

 目次

〇 桜の開花、満開の基準は何か

〇 2020年開花の日

〇 日笠山の桜が満開

〇 あとがき

日笠山の桜は満開、少し春霞

日笠山の桜は満開、少し春霞

 桜の開花、満開の基準は何か

公式には気象庁の「生物季節観測」に基づいて発表されますが、素人目には「咲いた」です。

 桜の開花から満開

気象庁の各地の標準木とする桜に5-6輪の花が咲いた最初の日、と定義されています。この標準木は、全国に58本あり、北海道と沖縄県の一部以外は、すべてソメイヨシノです。

そして、満開は、標準木で80%以上のつぼみが咲いた状態となった最初の日だそうです。素人目には、50%も咲くと満開のように華やいで見えます。

 生物季節観測

この桜の開花や満開は、気象庁の生物季節観測のひとつで、統一した基準によりうめ・さくらの開花した日、かえで・いちょうが紅(黄)葉した日などの植物季節観測や、うぐいす・あぶらぜみの鳴き声を初めて聞いた日、もんしろちょうやつばめ・ほたるを初めて見た日などの動物季節観測もされています。

植物は、それを見ていればわかることですが、動物を初めて見た日というのは、たいへんでしょうね。

幹からわずかに芽が出て桜が咲く

幹からわずかに芽が出て桜が咲く

 2020年開花の日

明石の桜は、3月23日でした。昨年は、3月27日でしたので4日も早く桜を愛でることができ、その後若干の花冷えもありましたが、一気に気温は暖かさを増して、心地の良い春の訪れになりました。

桜の2020年開花の日23日

桜の2020年開花の日23日

「my桜」2019年の満開

「my桜」2019年の満開

 日笠山の桜が満開

もう満開と言ってよいような見事な桜の花です。低山とはいえ、山の桜は平地に比較すると若干遅めに咲き始めました。

日笠山の桜は、桜並木ではなく桜の林です。周囲を桜に包まれた、桜色の世界の中に入ってしまうような見事さです。山の遠景は、その桜の林が山の中腹を桜色に埋めています。

春霞の向こうで桜色に染まる日笠山

春霞の向こうで桜色に染まる日笠山

日笠山の斜面に咲く桜の林

日笠山の斜面に咲く桜の林

桜の林の中で桜色に包まれる

桜の林の中で桜色に包まれる

桜の向こうの里山の緑

桜の向こうの里山の緑

桜の林にいると温かい気持ちになれる

桜の林にいると温かい気持ちになれる

桜の花はいつもきれいだ

桜の花はいつもきれいだ

 あとがき

桜が咲くのはとてもうれしい。寒がりの私には暖かさを約束してくれる心待ちの日です。

街中の見事な桜を「my桜」にした昨年も感嘆の気持ちをもって満開の桜を見ましたが、今年は、遠景で見る桜色の山腹、そして山に登り、桜の林の中で桜色に囲まれる贅沢な花見でした。

ここは、ノジギク保存会の方々がボランティアで桜の木々も手入れをされています。清々しく手入れをされている桜の林の斜面は、たいへんなご苦労なことと存じます。

また、来年も見事な桜を楽しみにしています。

高砂姫路市境界の日笠山縦走路を半日ハイクです。適度なアップダウンを繰り返しながら、手入れをされたコースを歩き、起き上がり古木と起き上がり巨木を見て、亀石に上がり播磨灘の家島諸島を眺め、姫路市東部の景観を見ながらの楽しい半日です。