麦秋 黄金色に輝く麦畑は初夏の色

シェアする

いなみ野の麦畑が収穫期が近づき麦秋

 akiramaの日々のいろいろ Daily Happening

何を想像しますか。私は、麦酒!

何を想像しますか。私は、麦酒!

akiramaの日々のいろいろ Daily Happening。テーマは、「麦秋」

麦秋 むぎあき ばくしゅうと言われ、5月中旬から6月初旬、麦畑の収穫期前に秋の田んぼのように黄金色に変化をします。いわゆる収穫の秋の色です。

木々の緑は、新緑真っ盛り。大気は秋に比べると湿度が高く霞がかかるような感じですが、麦畑だけは秋の色を迎えます。欧米の広大な麦畑のご当地麦秋は、そりゃ見応えのある景観が広がるのでしょう。

麦ごはんが意外に好きで、ちょっと塩味を含ませた麦ごはんは、白ご飯にない歯ごたえと風味を持っていて、あれおいしいんです。米のようにそのものを食べるのではなく、加工されたものはありとあらゆるものになっていますが、私にとっては、麦酒、そうですビール。これからの時期に冷やしたビールは、無くてはならないもの。いいですね。水だとあんなに飲めっこないのですが、ビールだとお腹がいっぱいにならないのが、不思議なことです。それくらいうまい麦酒。

4/30は、青々としていました

4/30は、青々としていました

晩春の青々とした麦畑で、自然の動きを見れます

晩春の青々とした麦畑で、自然の動きを見れます

実際には、麦秋がまだ始まったばかりの5/13の写真です。もう少し時間が経過すると秋の色合いはさらに深くなるのですが、梅雨のはしりのような天気が続き、雨後の晴天に飛んで出かけました。

集落があり、実りの色が広がり、いいもんですね

集落があり、実りの色が広がり、いいもんですね

2週間前の景観とがらりと色合いが変わった

2週間前の景観とがらりと色合いが変わった

実りの秋ならず、実りの初夏ですが、麦秋

実りの秋ならず、実りの初夏ですが、麦秋

畑の中の一本木 アクセントになる木で、広々感があります

畑の中の一本木 アクセントになる木で、広々感があります

里の麦畑 麦の穂がもやもやとしているのがほほえましい

里の麦畑 麦の穂がもやもやとしているのがほほえましい

新緑に雨後の青空 気持ちの良い初夏です

新緑に雨後の青空 気持ちの良い初夏です

おいしいものに加工されて食卓に出るのでしょう

おいしいものに加工されて食卓に出るのでしょう