晩秋のいなみ野へ行き、ふぁーみんに寄り深まる季節を感じる

シェアする

季節は秋深く、景色も野菜も冬が近いのを知る

 akiramaの日々のいろいろ Daily Happening

いなみ野の刈り入れ前の稲がまだ残っていた。見れてうれしい。

いなみ野の刈り入れ前の稲がまだ残っていた。見れてうれしい。

akiramaの日々のいろいろ Daily Happening。テーマは、「晩秋のいなみ野、秋野菜」

黄金に輝く刈り入れ前の稲は、見るものを清々とさせるような気分がありますが、なかなかあれやこれやとうつつを抜かし、見逃してしまいました。

東播磨の加古郡稲美町、いなみ野の広々とした田畑を見ながら、ふぁーみんを立ち寄り季節の新鮮な野菜の色合いを楽しみたく、出かけました。

水田は、刈り入れはとうに終わり、しばしの休憩の様相で、なんとなく寒々としています。今日は、低気圧通過後の風が冷たく、関東では木枯らし1号が吹いたと聞きました。それでも、秋晴れの空から陽の光が注ぎ、暖かさをを感じさせます。稲美町というくらいで、田んぼの稲は夏から初秋にかけてきれいな色合いを広々と見せてくれます。

稲穂には、米が実っている

稲穂には、米が実っている

コスモス畑は、最近よく見れる秋の景観

コスモス畑は、最近よく見れる秋の景観

あった、品種が違うのか大きな田んぼに刈り入れ前の稲が、広々と広がっています。来てみるものだ、何とか見れた。青空と陽の光で、とてもきれいに見え、その広がりはふーうと息を吐く気分です。ここ一面の広さに、まだまだ残っていましたし、穂にはしっかりと米が実っています。ホッとして、景色を見て、次は秋深い季節の野菜を見に「ふぁーみん」へ行きます。

にじいろふぁーみん 平日朝に結構の数の客さん

にじいろふぁーみん 平日朝に結構の数の客さん

ふぁーみんに行くと、白菜、キャベツ、大根、きのこ、カブ、里芋、さつま芋、小松菜、かぼちゃ、甘柿、渋柿、イチジクと所狭しに秋の色合いが並べられていました。まだトウモロコシがあり、品種なのか育生方法なのか、びっくりです。ここへ来ると、その季節の野菜を見ることができるのは、これまた自然を学ぶ場です。市場、物流センター経由のスーパーの野菜とは違い、朝獲りを農家が直接持込ですので、色つやが新鮮で、本当の色を見れます。

今日のおみやげは、生で食べれる白菜とカブを買いました。白菜は、生で頂き、また他所で買い求めた甲イカとのあんかけにします。カブは、もう蕪の味噌汁で晩ご飯です。

いなみ野、何かの機会があれば、ぜひ来てみてください。

ミニ白菜 生で食べれるそうな、横には漬物用なのか大きな白菜もドンとあった

ミニ白菜 生で食べれるそうな、横には漬物用なのか大きな白菜もドンとあった

カブ、これの味噌汁は好物

カブ、これの味噌汁は好物

かぼちゃ いろんな形と色でおとぎの国の様相だ

かぼちゃ いろんな形と色でおとぎの国の様相だ

芋がたくさん これは里芋、横にはさつま芋

芋がたくさん これは里芋、横にはさつま芋

渋柿、これが甘くなるから不思議だ。横には、甘柿。間違えないように

渋柿、これが甘くなるから不思議だ。横には、甘柿。間違えないように

きょうのおみやげ。生で食べれるミニ白菜とカブ

きょうのおみやげ。生で食べれるミニ白菜とカブ

にじいろふぁーみんへのアクセス

 車 第2神明道路 明石西ICより北へ 2km 5分003f8e

 電車 JR神戸線 土山駅より 徒歩 2.8km 36分
  土山駅から神姫バス 御旅 バス停